line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.26
TAをしている英語の発音についての授業で、たまに私も講義をします。
なにせ担当の先生が多忙なもので・・・

でも私は英語のスペシャリストではないので
日本人の発音の癖や、フランス語の発音、
そして一般的な音声学についての話をします。

発音について、タイ語学習にも役に立てば・・・
ということで
参考になるかは分かりませんが少しメモしておきます。

***

先日は
「日本人は、日本語を話すとき、全ての母音を発音している
・・・と思い込んでいるがそうではない」
について少し話しました。

例えば
「~です」

これは [des]と発音します。
[desu] と発音する人は、関西人か非母語話者でしょう。

それから
「鹿」(シカ)

通常、日本語話者ははじめの母音 [i] を発音しません。
発音するととても不自然。
あ、やっぱり関西弁話者は [shika] と言いそう。

くさいものをかいで「くさい」というときも
関西人は「く」にアクセントがくるので
[kusai] と発音しますが
標準語では(名古屋弁も)[ksai] です。

「はい、アップ始めー」
というときも
[appuhajime] ではなく [apphajime] と言うはずです。
(puha → pha)

要するに日本人は通常「子音連続」や単独での子音の発音に
苦手意識をもっていますが、
実は「実力」があるんだということになります。

次回は「ん」について
その次は「有/無気音と有/無声音」について
メモしていきます。
スポンサーサイト
line
プロフィール

mangkhut

Author:mangkhut
2010年秋からタイ語教室に通い始めました。
フランスで知り合った長年の友人メーちゃんが、最近みるみる日本語が上手になってきたのに刺激され、私もタイ語を勉強することにしました。
夢はタイ語で自由にタイを旅行すること、そしてメーちゃんとお互いの母語でコミュニケーションをとることです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日のタイ語
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。